国際健康推進医学

ティーチング

医学科3年 「公衆衛生学」(科目責任者)

担当教員

藤原 武男

主な講義場所

3号館3階 医学科講義室2

授業の目的、概要等

疾病の環境要因について学び、その予防について考察できる能力を獲得することを目的とする。

授業計画

1 社会的健康決定要因 
藤原 武男(大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野 教授)
2 ライフコース疫学  
藤原 武男(大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野 教授)
3 疫学I
藤原 武男(大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野 教授)
4 疫学Ⅱ
藤原 武男(大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野 教授)
5 母子保健
藤原 武男(大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野 教授)
6 地域連携
泉山 肇(医学部附属病院医療連携支援センター センター長)
7 ゲノム疫学
田中 敏博(大学院医歯学総合研究科疾患多様性遺伝学分野 教授)
8 自殺対策
本橋 豊(自殺総合対策推進センター センター長)
9 グローバルヘルスIII
江副 聡(厚生労働省大臣官房国際課 国際保健企画官) 
10 犯罪精神医学
岡田 幸之(大学院医歯学総合研究科精神行動医科学分野 教授)
11 産業保健
木津喜 雅(大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野 講師)
12 ビッグデータ
角田 達彦(難治疾患研究所医科学数理分野 教授)
13 公衆衛生学試験
藤原 武男(大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野 教授)

授業方法

講義及び課題研究を行う。

成績評価の方法

筆記試験の結果および課題研究の成果、その他授業中に示す。

準備学習などについての具体的な指示

事前に Webclass にアップした資料(論文、著作、教科書のチャプター等)がある場合、しっかり読んでおくこと。

参考書

  • Oxford Textbook of Public Health (5 ed.)/Roger Detels, Robert Beaglehole, Mary Ann Lansang, and Martin Gulliford:Oxford University Press,2011
  • Maxey-Rosenau-Last Public Health and Preventive Medicine (15 ed.)/Robert Wallace:McGraw-Hill Medical,2007
  • A Dictionary of Epidemiology. 6th ed./International Epidemiological Association:Oxford University Press,2014
  • 厚生の指標 増刊 国民衛生の動向/厚生労働統計協会:厚生労働統計協会,毎年
    厚生労働白書/厚生労働省:日経印刷,毎年

他科目との関連

公衆衛生学は典型的な社会医学であるから、基礎医学、臨床医学の各科目と深く関係する。系別講義「社会医学」の他、系統講義「衛生学」、「医動物学」、「法医学」とは特に密接に関連する。