国際健康推進医学

スタッフ

教授:藤原武男

<略歴>

2000年に東京医科歯科大学医学部を卒業。
2004年、同大学大学院にて 医学博士号を取得。
その後、国立成育医療センターこころの診療部で児童虐待の研究に携わる。
2005-2006年、ハーバード大学公衆衛生大学院にて社会疫学、ライフコース疫学の手法を学び、公衆衛生学修士号(Master of Public Health)を取得。
2006年10月―2008年3月、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学小児科へポストドクトラル・フェロー (博士研究員)として留学、虐待の一つである乳幼児揺さぶられ症候群の予防研究に 従事する。
2008年4月より国立保健医療科学院生涯保健部行動科学室長。
2010年9月より国立研究開発法人国立成育医療研究センター研究所 社会医学研究部 部長。
2011年4月より三重大学大学院医学系研究科連携教授(成育社会医学分野)を兼務。
2016年4月より東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 教授(国際健康推進医学分野)。

<専門分野>

公衆衛生学、疫学(社会疫学、ライフコース疫学)

<所属学会>

日本疫学会(評議員)、日本公衆衛生学会、日本子ども虐待防止学会

<資格>

社会医学系指導医(2017年)

<業績>

一覧

<ひと言>

是非一緒に、面白くて役に立つ研究を世の中に残していきましょう!

<E-mail>

fujiwara.hlth@tmd.ac.jp