国際健康推進医学

アクティビティ

論文「教育年数が歯の本数にあたえる影響:イギリスの教育制度改正を利用した自然実験研究」がアクセプトされました

2018.09.18

教育年数が歯の本数にあたえる影響:イギリスの教育制度改正を利用した自然実験研究

Yusuke Matsuyama, Hendrik Jürges and Stefan Listl. The Causal Effect of Education on Tooth Loss: Evidence from UK Schooling Reforms. American Journal of Epidemiology, 2018. [accepted].

背景:
教育年数が長いことと口腔の健康が良好であることの関連は多く報告されている。しかし、因果関係を明らかにした研究はまだない。

目的:
教育年数が高齢期の歯にあたえる影響を明らかにすること。

方法:
イングランドの50歳以上成人を対象にした調査である、English Longitudinal Study of Ageing (waves 3, 5 and 7)の3時点の横断データを統合し分析した。1947年と1972年にイギリスで導入された、義務教育の延長政策を操作変数とした2段階最小二乗法により、教育年数がおよぼす高齢期の無歯顎(自分の歯が一本もない状態)への影響を推定した。

結果:
分析の対象となった5,667名(平均年齢67.8歳, 44%が男性)のうち、819(14.5%)名が無歯顎だった。同政策により、教育年数は平均0.624年(95%信頼区間: 0.412, 0.835)増加した。教育年数が一年長くなるごとに、無歯顎である確率は9.1%(95%信頼区間: 1.5%, 16.8%)減少した。この影響は1947年の政策に影響された集団で大きかった。

結論:
教育年数を長くすることで高齢期の無歯顎が減るという因果関係が示された。

Abstract
Associations between education and oral health have frequently been reported, but until now there is no causal evidence. Exploiting exogenous variation in years of schooling due to 1947 and 1972 reforms in mandatory schooling in the UK; we examined the causal relationship between education and tooth loss in older age. A cross-sectional study was conducted using data from the English Longitudinal Study of Ageing (waves 3, 5 and 7). A Two-Stage Least Squares instrumental variables approach was employed. 5,667 respondents (average age = 67.8; 44.4% were men) were included in the analyses, of which 819 (14.5%) had no teeth. The schooling reforms increased years of education by an average of 0.624 years (95% CI: 0.412, 0.835). For respondents born within +/−6 years from the pivotal cohorts, a one-year increment of education causally reduced edentulism by 9.1 (95% CI: 1.5, 16.8) % points. The effects were stronger for the 1947 reform than for the 1972 reform. Results were robust against broadening the cohort bandwidth and functional form of the cohort trend. The findings suggest oral health later in life improves in return to investments in school education.

年別 year

月別 Monthly